12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
2011/04/24

石榑トンネル…永源寺ダム…

Category : 独り言
結論から言うと、ロケ地は悪天候の為、順延となりました。とほほ。最愛の彼氏に会えなかった、七夕状態…。
集合が、近鉄の四日市駅だったため、シブいルートで急遽、滋賀の旅となりました。
が、これが、まー、大当たり。

四日市から、菰野町を抜け、高速を使わず最近貫通した、石榑トンネルへ。
これが超、ヒット。あんまり知られていないので車も少ないし、快適。
トンネルを抜けると、永源寺ダムの絶景というか、端麗な秀景♪。
緑の斑の中に、桜色の点々…。ダムの周辺の典雅な風景…。先週あたりが見頃だったろう。錦秋のころは、さらなる絶景、間違いなし。(多分、有名なんだと思う。)悪天候のため、写真に収められなかったのが、とにかく痛恨…。ここは、ぜったいもう一度こなくては。とにかく、美しい。
トンネルの開通によって、隠れ里のような集落が、露わになっていた。

がんがんクルマを飛ばして、滋賀へ。目的があるわけではなく、琵琶湖を目指す。途中、道の駅「かがみの里」へ。
地元向けのちんまりコンパクトな道の駅。逆に、好感度が高い。

DSCF1633_2.jpg

極細の葉ネギや、アイスプラントのバラフ(陶然亭で食べて美味しかった)、イタリアンパセリ、国産の赤唐辛子…鷹のツメ。近江名物赤こんにゃくの、突、にとうふこんにゃく~。思わず、籠をつかんで買い物。

DSCF1635_2.jpg

軽食は、カレーうどんとと書いてあるのに、麺がきしめんとほうとうの間の太さの、カレーうどん。
これがまた、ツボ。

ぶっとい麺に、後から辛味がじわっとくるカレーに、炭火で焼いた鳥肉がごろっと。
出汁ととろみのルーの二段がまえ。


この後、琵琶湖大橋を渡って、大津へ。

先輩女子と、滋賀めぐりを約束して、解散の一日となりました。琵琶湖の稚鮎と彦根の窯元は必だわ~。
行きたかったロケ地は、京都府だったんですけどね。

永源寺ダムは、夏に是非とも再訪したい、場所でした。
名古屋から高速で行くなら、やっぱり四日市インターからなのかな。

関連記事
スポンサーサイト
 

Comment


    
 

■舞NAIさん。

滋賀は高速でも素通りで、せいぜい大津SAと、多賀大社だったのですが、三重からのこのルート、良いですねぇ♪
岩魚と聞いて、今度は是非ソレを目当てに…などと思ってしまいました。
琵琶湖の鮎も、そろそろ…。
夏ぐらいに再訪できるといいのですが。

2011/04/27(Wed) | 榮の間 | URL | Edit
 

■m・hさん♪

> 窯元…
2個でなく、3個かもしれません~。彼女も知っていました。
二人で「滋賀良いよね~」と、盛り上がっておりました。永源寺ダムはもう一度ゆっくり訪れたい場所です。
> 元気なうちに…
実はこのお店、5年ほど前山口に仕事で行った際、一緒に修行されていたという老舗料理旅館の御主人…社長から、京都に行くなら、是非一度行って見て…と、お薦めされていました。
気になってはいるものの、敷居が…というのと、夜のみなので、未だ伺えず。
客層を聞いて、少し近くなりました♪

2011/04/27(Wed) | 榮の間 | URL | Edit
 

No Title

こんにちは。
菰野抜けの永源寺、私も大好きなルートです。滋賀はどこもいい所ですね。
このルートは景色もいいし、ヒトミワイナリーや八日市の料亭、招福楼があったり、確か池田養魚所で岩魚ずくしを食べた思い出も・・。
招福楼といえば、名古屋駅にあった招福楼は行ったけど、本店は未踏のままはや20ん年。思い出してしまった(笑)

2011/04/26(Tue) | 舞NAI | URL | Edit
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/25(Mon) |  |  | Edit
 
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル