05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
2011/07/22

桜田

07saku1.jpg

「鱧と鮎を桜田で」という着友からのリクエストで、祇園祭の昼餉は、仏光寺桜田さんへ。5月の印象がとても強かったもよう。フルメンバーで行きたいところ、都合により3人。カウンターで。

ちなみに、こちらが5月の桜田

07saku4.jpg

長刀鉾の器で、鱧と青ずいき。鱧の裏には山葵が。

07saku5.jpg

椀も、鱧♪ ちりちり散った脂も景色。

07saku6.jpg

鯛、鱸、烏賊のお造りに、八寸。ゴーやの胡麻味噌和え、ゴーやの苦味と味噌、美味。きぬかつぎに鯵の寿司。

07saku7.jpg 07saku8.jpg

そして、笹の香りをカウンター中にただよわせながら、鮎。程よい大きさ。というか好みの大きさ。

07saku9.jpg
07saku10.jpg 07saku11.jpg

2尾、しっかり堪能。もちろん頭から。幸せ…。
続いて長刀鉾の器で登場したのが、加茂茄子と穴子のみぞれ仕立て(?)
器の底には、長刀鉾の粽の絵が。

飯蒸しは、かぼちゃととうきび、鰻。この飯蒸し、真ん中に一枚潜んだびっくり鰻でした。
かぼちゃの甘味ともち米、初めてでしたが、美味しかった。

07saku12.jpg 07saku13.jpg
07saku14.jpg

二色羹は、水羊羹と牛乳羹。するっと口に入り、あっという間に溶ける…。

ちなみにこの日も、満席。カウンターには3日前にも来たという、ご近所さんや遠方からの常連さんがいらしたりと、聞こえて来る話も、楽し伊お昼で、3人とも、大満足。ご馳走様でした。


桜田
京都市下京区烏丸仏光寺東入ル一筋下ル匂天神町634-2
TEL 075-371-2552
11:30~13:30、17:00~19:30
定休日 火曜
昼/5,000円~
関連記事
スポンサーサイト
 

Comment


    
 

■足袋子さん。

鮎のワタの味を思い出すと、
生唾が…。
鉾の器色々、堪能しました。

2011/07/24(Sun) | 榮の間 | URL | Edit
 

いいなぁ~~

蓼酢だけでもお酒が結構いけそうだ。。。

2011/07/22(Fri) | 足袋子 | URL | Edit
 
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。