12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
2012/03/05

紫竹 御倉屋へ

DSCF3282.jpg

朝、名古屋から新幹線で飛んできた京友と、地下鉄鞍馬口駅で待ち合わせ。ちらちらと雪が降り始め…早くも帰りの高速の心配。紫竹の御倉屋へ到着した時は、こんな様子。普通なら、嬉しい光景ですが…車だと、ね。

前回の御倉屋は、こちら

そうっと持って帰りたい、夕映えと…今回はもうひとつ。お土産でもらって美味しかった、旅奴。
パッケージも、好き。

DSCF3333.jpg

上品な黒糖味。昔、どあほが「上等な○○」と言って、怒。あえて書きません。腹立つので。
大事に食べよと、思っていたのに、身内に敵がいました。最近、嗜好が変わってきた、ダンナ…。

DSCF3335.jpg

気が付いたら、ナシ~。とほほ。

DSCF3344.jpg

とはいえ、夕映えは、早期に死守。ほろふわを堪能。しあわせ…。
懐中しるこが、時期ハズレだったのは、残念~。


話、変わって。
本日着付教室のイベントへ。着物クリーニング一枚1,000円、お一人様2枚まで…に釣られて。出したのは、塩瀬の黒の帯。

嬉しいことに、会場にはとなみ織物のブースがあり、唐長柄の南蛮七宝をプロデュースしている、五代目が会場に。京都で財布を手に入れた時<お会いして以来(でもないかも…)、お久しぶりです。

試作品の南蛮七宝のバッグやら、襦袢地を羽裏にした、無地の大島の男羽織り、南蛮七宝の財布や銀の千鳥をあしらった、羽織紐等々…モノづくりの話、西陣の話も含め、色々聞くことが出来て充実、満足のひととき…南蛮七宝の新作が、想定外のところで作られているようで…うーー。楽しみ。後に予定が無ければ、もっと居たかったなぁ。


御倉屋
京都市北区紫竹北大門町78
TEL 075-492-5948
9:00~18:00
定休日 1日・15日
関連記事
スポンサーサイト
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル