12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
2012/05/07

調香コース「匂袋作り体験」

1204_yama1.jpg

GW、するっと終わってしまいました。最終日の昨日、キリギリス三女と矢場町でランチしたのが唯一のイベント…。その三女はGW中に京都に行ったそうで、土産話で盛り上がる。京都市博物館で、芹沢桂介展に遭遇し、思わぬ眼福だったそうな。私はと言えば…洛北に山菜採りに行きたいなぁ、と漠然と考えつつ、思案途中。
話は少し戻って。

川上での昼食の後、ゆっくりしすぎて大慌てで向かった先は、御所近くの「山田松香木店」。
「匂袋作り体験」に参加して、好みの香りの匂い袋を作ろうという魂胆。
場所は本店のならびにある、同店の本社ビル。
建物中、お香の香りが充満。服に、体に匂いが移りそうで嬉しい。

1204_yama2.jpg

白檀をベースに8種類の香り(白檀・大ういきょう・丁字・龍脳・甘松・桂皮・山奈・かっ香)を調合。

1204_yama3.jpg

まずは、基本の配合で調香し、少しづつ加減をしながらイメージに近づけていく。
意外に楽しい。

1204_yama4.jpg

最後は袋に詰めて、完成。続いて残りで文香を作成。
なるほど…こうやって作ればいいのか。

終了後、本店に寄り少し買い物。
その後はずっと機会に恵まれなかった「美豊」さんへ。

1204_yama5.jpg

嗅覚の後は視覚。とくれば、続くのは…。

DSCF3666_2.jpg

帰ってきてから、本店で見つけた匂い袋の袋キットに残りの香を詰めてみた。
3個できて、もう一つ分ぐらいの残。

DSCF3668_2.jpg

ところで、この香りに思わぬ効能を発見。
枕元に置いておいたら、寝つきが良くなりました。
甘松を少し多めにしたせいか?

※甘松…香料としては根が適しており、茎は生薬として鎮痛、健胃に用いられる。
単独では芳香といいがたいが、他の香料と組み合わせると香に厚みが増すため、調合香に多用される。
山田松香木店HPより引用


山田松香木店
京都市上京区勘解由小路町164(室町通下立売上ル)
TEL075-441-1123
10:00~17:30
http://www.yamadamatsu.co.jp/



関連記事
スポンサーサイト
 

Comment


    
 

■足袋子さん。

結構たっぷり出来ましたよ。
同じように計量して作っていても、出来上がりは全然違う香りになります。
それも、中々面白い。
最初に、稀少な香料をいくつか嗅がせてもらえるのもいい経験になりました。

2012/05/09(Wed) | 榮の間 | URL | Edit
 

あ、いいな。

本格的な体験ですね。いいな。
他店での体験は、タブレットを組み合わせるのだったなぁ。
短時間・初心者にはそれで楽しかったけど。

2012/05/07(Mon) | 足袋子 | URL | Edit
 
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル