12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
2012/07/18

憧れ…なんだけどねぇ。油箪。

昨日はBSフジで、8:30~山鉾巡行中継。
今年から少し色々変わった様子。段階的に後祭りが復活するとかなんとか言ってたらしい??
こうなると、アーケードやら電線やらで大変とは思うが、昔と同じルートの祭りも見てみたい気もする(ちょびっとだけ)。

この前、新町あたりをうろついていたら…。



うわ~。と、足を止める暖簾を発見。なんとなくデジャビュの記憶もあるんだけど。
「ゆたん」の文字に足が釘付け。

DSCF3673_2.jpg

油箪(ゆたん)
「ゆたん」とは、油紙・木綿などでつくられた、 箪笥・長持ち等を汚れから守る道具のおおいの事。 現在は主に桐タンスのカバーとして、日避け・ホコリ避けとして使用されていることが多い。


立派な桐箪笥を誂えると、無条件に付いてきたりもする。家紋入りの立派なのが。
私の桐箪笥は残念ながら、その対象外の部類。
とはいえウチの子にも掛けてあげたいとずっと思っている。いえ、いた。
ただ、箪笥より油単の方が高くなる…間違いなく。

DSCF3674_2.jpg

私には娘がいないので、この着物を譲る相手は息子の嫁…しかいない。ただし、ヲタクなので、着物を着てくれる女子というよりはそもそも、結婚してくれるのか…そっちの問題。

もしも奇跡的に、普通に結婚が決まったら。
ここで油単を誂えて、何年後かに掛けててもらおう。

夢のまた夢かもしれないけど。

関連記事
スポンサーサイト
 

Comment


    
 

■柳居子さん。

京都の方から、そう聞いてしまうと考えてしまいます。
名古屋でも、油単と言って「???」の反応が多いです。
もっと若いウチに作って置けば良かった…と思うものが京都でいくつかあります。
最低20年は使いたいと思うと、微妙な年になってしまいました。

2012/07/21(Sat) | 榮の間 | URL | Edit
 

No Title

息子に嫁が決まってからでは、間に合わぬかも知れない。 調達可能の内に集めた方が賢策 風前のともしび文化・商品ですから。

2012/07/19(Thu) | 柳居子 | URL | Edit
 
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル