12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
2012/10/10

6年ぶりの顔ぶれで、京都。

Category : 四季の京都
三連休後半、直前にひいた風邪が全快しないまま京都へ。
この度の面子は、このブログを始めた時に一緒に行った「ぶんちゃん」と「えさやん」。30・40・50代混成3人組京都。あれから6年…早いものだ。
ということで、ぶんちゃん、えさやんのリクエストをご案内する旅となりました。

2日目は遠方からの人に会う予定があったので、初日の予定がかなり、ハード。
京都駅からバスに乗り、最初の降車地はこちら…。「清水道」。

あまりにもど定番ですが、生風景お初な女子ふたりはかなり喜んでいました。気持ちはわかる。
ということで↓↓↓ぶんちゃん激写中を失敬。

DSCF4039_2.jpg

両側に並ぶ店の解説をしつつ、ぶんちゃん目当ての寺へ向かいます。

DSCF4038_2.jpg

京都駅で気になる案内を発見。
10月20日(土) 図書館から始める文学まち歩き 第1回 内田康夫 『壺霊』 辿るー浅見光彦が歩いた道
詳細はこちら。http://www.kyotocitylib.jp/higashi/korei-k.pdf

1210_kininaru.jpg

『壺霊』といえば、京都の色々な店が紹介されていますが、下巻にルナールブルーさんが登場し、かの浅見光彦が聖護院のポタージュを食べたと書かれています。イノダコーヒの本店の後、お腹がすいてふらっと来店…という設定。この時、内田康夫さんが新聞社の方とお店に食事に来られた…と、マダムから聞いたと記憶にあります。 (連載中には登場せず、新刊発行の際、加筆されたとか。)2009年ということは3年前…。

6年とか、3年とか、浦島太郎な気分になってくるなぁ。





関連記事
スポンサーサイト
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル