12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
2012/11/16

[報告事項 ]紙司 柿本

今回の日帰り京都は、紙屋さんを色々回る1日でもありました。(とはいえアップしない店もあります。でもって、興味の無い方はすっとばしてください。)

前回西陣の工房で、ぶんちゃんが別注品の相談をした時のこと。
「襖用の紙でなく、障子用の和紙で…」というところから、話が始まりました。その際に「滲み防止加工をした(障子にも使える)和紙ならば…」という話が出て…。「斥侯部隊としてついでに見てくるわ」ということになりました。場所は、寺町二条上ル。「紙司 柿本」さん。何度もお邪魔しています。店内に入り「これこれかくかくしかじかの、紙なのですが…」と、伝えると、「あぁ、それはドーサ引きの和紙ですね。」とのこと。滲み防止加工をした和紙は「ドーサ引」というのだそうな。

1211_kaki1.jpg

「障子紙ということなら、この2種類があります。」

美濃紙と、和光という種類。どちらも6~8匁ぐらいまで厚さは色々。美濃和紙は、紙を漉いたときに受ける簾の模様が地紋のように付いている。

和光の方だろうけど、岐阜在住だし、好みかなぁ…とも考える。
紙の厚みの話になると、コンマ何ミリまで計れる、ゲージ計というか、計測系で細やかな対応。さすが老舗。

1211_kaki2.jpg

厚くなれば、光が透けにくい。
薄いと摺り難い…と思うのだが。ちなみに一枚のサイズは…聞いたけどうろ覚えなので、今度合った時に報告します。

1211_kaki3.jpg

目的用の紙は、和光の7匁か、6匁あたりではないかと思います。

1211_kaki4.jpg

一応、厚くなると高くなります。
詳細は、今度。とりあえずご報告まで。


■紙司柿本(かみじかきもと)
紙司柿本(かみじかきもと)
京都市中京区寺町通二条上る東側
TEL:075-211-3481
9:00~18:00(日祝10:00~17:00)
定休日 不定休
関連記事
スポンサーサイト
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル