12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
2013/06/26

大原の朝市

Category : 京の市


一番行きたかったとこかも知れません。日曜日の早朝の大原日曜朝市。何しろ開始が朝6時ごろなんで、中々〜。強者は名古屋からでも日帰りで暗い内から大原を目指しているようです。そういうのは最近、ちぃと無理なので前乗り。
今回は(今回も?)泊まれなかったけど、西陣の宿のご主人と、朝5時半頃集合で行ってきました。
目指すは、赤紫蘇〜だったのですが、朝市にはまだありませんでした。が…。

fc2blog_20130624200428642.jpg

最初に突進したのは、丸ズッキーニと、フェンネルなどなどのお店。

DSCF5176.jpg

つーか。6時の段階ですでに残少って、、、。
祇園のフレンチKのシェフが、ささーーーっと上手くささーーっとさらってました。
フェンネルの食べ方は、まだまだ修行が必要ですね。美味しい食べ方があったらレシピ、教えて下さい。

fc2blog_20130624200451638.jpg

こちらでの戦利品。↓↓小松菜は危なかった。売り切れ寸前。
丸ズッキーニも、ズッキーニも、美味しかったです。
無農薬、化学肥料不使用の農家さんが多くて安心。もちろん、ご苦労も多いと思います。

DSCF5178.jpg

でも、色も姿も美味しそうな野菜たち。
続いて、お向かいで多分今年最後のワラビ~。

DSCF5181.jpg DSCF5180.jpg

同じところで、橡餅。頼まれた分も忘れず♪

DSCF5179.jpg

別のところで、蕪。

DSCF5177.jpg

でもって、お約束のキムチ。

DSCF5182.jpg

途中に、そそるマーマレードにしたい無農薬の夏蜜柑登場。
さて、すっかりあきらめかけていた赤紫蘇ですが…。

この大原の朝市でブログにずっとコメントを頂いてきた、m・hさんと、ついにお会いすることが叶いました。
顔は知らなくても、ちゃーーんと判りました。(といっても、最初に気がついたのはダンナさんなので大口たたけませんけどね。)

想像していた通り、素敵な方で嬉しくなってしまいました。

fc2blog_20130624200524882.jpg

で、諦めていた赤紫蘇もm・hさんのお力でなんとか入手。
3袋あれば、小梅なら、2家庭分なんとかなりそう。

fc2blog_2013062420060687d.jpg

ありがとうございました♪ だいぶ、緊張してました。

fc2blog_20130624200543d77.jpg

ちなみにこちらは、キリギリス次女の分。こんな感じが、倍。
大原に行ったら、なんか元気になりました。

この幸せが、一週間続かないのがよそものには淋しいところ…。
m・hさん、お逢いできてとても嬉しかったです。ありがとうございました。
紫蘇のご報告は、近々させていただきます。

大原ふれあい朝市
http://www.satonoeki-ohara.com/
関連記事
スポンサーサイト
 

Comment


    
 

■ぽんさん。

> バーニャカウダで食べるそうですが。
なるほど…これは良いかもしれません。バーニャカウダ好きなんで♪
> フェンネルの葉って、乾燥して魚料理に振りかけたり、生葉で魚の包み焼きなんかにしたらエエかも。
乾燥したら、かなり持ちますもんね。刻んで冷凍より良いかもです。
ぽんさんのお知恵拝借します~。

2013/07/05(Fri) | 榮の間 | URL | Edit
 

No Title

ディルは大好きですが、フェンネル=ういきょうは独特の甘い香りが苦手で食べません。けど、イタリア人はあの根元をバーニャカウダで食べるそうですが。

同じセリ科やし、一緒に植えとくと交雑してしまいますが、ディルは一年草、フェンネルは多年草なので、フェンネルの香りが良くなるかな?
フェンネルの葉って、乾燥して魚料理に振りかけたり、生葉で魚の包み焼きなんかにしたらエエかも。

2013/07/05(Fri) | ぽん | URL | Edit
 

■オバタリ庵さん。

言われてみれば、おっしゃるとおりでお恥ずかしい。
日本だと、葉人参の葉の部分を細かく刻んで、食べたりしますから
この葉っぱ部分もそういうのもありかも。
後は、バターに混ぜ込んでハーブバターも良いかもしれません。

2013/07/02(Tue) | 榮の間 | URL | Edit
 

No Title

スモークサーモンの上に乗っているみどりはフェンネルのわっさわさ部分はなくて、ディルです。ディルとスモークサーモンの愛称は抜群ですが、フェンネルのわっさわさ部分でも飾り程度ならいけるかも。両ハーブ、きっと兄弟かもしれません。

2013/07/02(Tue) | オバタリ庵 | URL | Edit
 

■オバタリ庵さん。

ありがとうございます♪
嬉しいです~。わっさわさの部分と、根の部分
どう使い分けたらいいのか、判りませんでした。

そう言えばサーモンのマリネなどにわっさわさの部分が使われたりしているし。
魚と相性良さそうです♪
次回のフレッシュで旨く出来たら報告いたします♪

2013/07/02(Tue) | 榮の間 | URL | Edit
 

No Title

日本でも西洋野菜がふんだんに入手できるようになりましたね。フェンネルはクセのある味なので私は余り食べませんがレシピを紹介します。
http://www.frukt.no/oppskrifter/grill/oppskrifter/foliebakt-laks-pa-fennikelseng/
生鮭400gとフェンネルのフォイル焼きーフェンネル1個とたまねぎ約100gは薄切り、にんにく2個はつぶし、レモン汁、バター大匙1塩コショウをしてアルミフォイルにのせオーブンで約20・30分。
http://www.hvordan.no/26962/hvordan-bruke-fennikel-i-matlaging 
あとはサラダに入れるのが普通です。ノルウェー語なのでチンプンカンプンでしょうが、画像を見るだけで大体分かると思います。

2013/07/01(Mon) | オバタリ庵 | URL | Edit
 

■m.hさん。

大原ではありがとうございました。
お会いするまではドキドキしていましたが、コメントでのやりとりのままのm.hさんに、人見知りの虫も引っ込みました。
大原の朝市であの野菜達を手に出きるというのは、たまのこととは言えかなりの幸せを感じます。(今回なぞ10ヶ月ぶりのこと…)
そして何よりm.hさんとご一緒しなければ、手に入らなかった今年の赤紫蘇。ありがとうございました。
昼食後、速攻帰ってスグに揉んで入れました。
普段名古屋で流通している紫蘇は、収穫から早くて翌日…。
朝収穫された赤紫蘇は、灰汁も少なく、灰汁の色もキレイでした。

また京都でお会いできるのを、とても楽しみにしています。

2013/06/27(Thu) | 榮の間 | URL | Edit
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/27(Thu) |  |  | Edit
 
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル