12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
2016/02/07

東山三条 竹皮大判



東山三条にはがま口屋さんをはさんで2軒の竹製品店がありまして。気がつかなかったけど、一軒は店名が変わっていて、あれあれ?こういう名前だったっけ?と一瞬思うも、店の雰囲気は全く変わらず。ここ何度か日用品店や雑貨店などで「竹皮」を探しておりましたが、大きめのものが中々見つかりませんでした。よくあるおにぎり用の3~5枚入って三つ折りになったものはあることにはあるのですが、大きさと枚数、コスパに難点が…。

用途が鯖寿司やちまき、蒸羊羹、煮魚なので、最終的にほかすものに一枚120~180円というのに抵抗がありまして。
今回は東山三条の2軒で探してみようと大和大路の店の後、まずは旧名 竹松 尾上竹材店、京都三条 竹松へ。事前に電話で竹皮の取扱いを確認してあるので、後は大きさ。

店頭には無く、訪ねて店の奥から出て来たのは想像よりかなりの大きさの竹皮。三つ折りで売られているものの、倍はありそう。国産では無いそうですが、10枚550円。半分にしても使えそうなので、20枚即決。



これが、かなりのカサになりまして…。折ることは出来ないし、包装どうなるのかと思っていたら、生花用の細長いビニール袋が登場。袋の端から竹皮が少し顔を出してなかなかお茶目な存在感。一日竹皮抱えての京都になりました。

翌日合流した名古屋からの京友にこの話をしたら「行って見たい」となりまして、再び訪問。同じく20枚と注文したら「すみません~そこまで無いかと。」枚数確認してもらったら、15枚。「では全部お願いします」となって在庫終了、彼女も一日竹皮を抱えて歩くことに。

前日には気がつかなかった、松葉串100本入りを見つけ、こちらも最後の1個だったので、二人で分けることに。田楽串や鉄砲串は見かけますが、松葉串はラッキーでした。生麩の田楽や、なんちゃってあぶり餅に使う予定です。

昨日、無事に帰って来ました。
往きは新幹線、帰りは車の京都は久しぶりでした。早くに寝落ちした割にヘンな時間に目が覚めて、あちこち筋肉痛…今日より明日の方が使い物になりなさそうな予感です。
関連記事
スポンサーサイト
 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル