12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
2016/02/27

烏丸丸太町で新規開拓①



御所西のホテルで休憩してから、名古屋へ帰る友人と府庁近くで早めの夕食をば。かなり前にの友禅教室の後に前を通って気になっていた店。名前をうろ覚えでしたが見つかるものです。



自家製の湯葉が目当てです。
ご主人の実家が豆腐屋さんと聞いて湯葉や豆腐の自家製できる理由に納得。



突き出しはおからとひじき煮の相盛り。おからの味って好みに出会えるって中々ないのですが、ここのは旨かった。なるほどこういう味にすれば良いのね~と。帰りにおからを買って帰ることを決意させた味。



菜の花のだし加減、金時人参の甘み。しみじみかみしめてしまう。この小鉢はなんでもない取り合わせだけど好みでした。



地鶏の鳥わさに、とろくみゆば。



九条ねぎと揚げのてっぱい。



とろくみゆばの天麩羅に…



だし巻きで〆。もうちょっとゆっくりしたかったけど「東山三条通過」とだんなさんからメールが来たので予定より少し早く失礼することに。

ゆば、美味しかった~。また来たいねぇと、丸太町の信号待ちでつぶやいておりました。
関連記事
スポンサーサイト
 

Comment


    
 

Re: black-jackさん。

うふ。とろくみゆばと生ビール♪。

2016/03/04(Fri) | 榮の間 | URL | Edit
 

No Title

うふふ ww いつかご一緒させて頂けたらなぁ…なんて…厚かましくてすんません m(__)m

2016/03/04(Fri) | black-jack | URL | Edit
 

Re: つねみんさん。

大陸系や半島系の皆さんの口コミやSNSで、ああいうのが人気なの?と、今回日帰りで行ったメンバーが、着付け仲間だったこともあり、嵐電嵐山駅で硬直しました。
日本人女子のズレたなんちゃって大正浪漫風や、花魁もしくはお女郎風とは次元の違う憧れの体現なのかなぁとか。私たちが、チョゴリやチャイナドレス、アオザイを着た時もこうなんだろか?とか、複雑でした。
着物に興味を持ってもらえるのは嬉しいんですが〜ここ2年、着物着てない私が言えませんが。

2016/03/03(Thu) | 榮の間 | URL | Edit
 

栄の間さま、気持ちが痛いほどわかります。先日、京都駅で研修後、バイクで平安神宮近くの先生のお宅まで着物のお稽古に行きました。久しぶりに清水辺りをバイクで通ったら、すごいとしかいいようがない着物姿の方がたくさんいました。もちろん浴衣みたいなの一枚の方も。この寒いのに、この東山通りはおかしい、まるで異国の地に来たようで、京都も品位が落ちたと悲しくなりました。着付けのお商売のお店も、もう少し考えていただきたいです。

2016/03/03(Thu) | つねみん | URL | Edit
 

Re: black-jackさん。

> 粕汁…。
そういえば、初めて粕汁たべたのは京都でした。シャケのアラ入りのものと、豚肉のもの、精進な具材のものも。
色々あるんだなぁ…と。味もそれぞれで美味しいのに出会うと、自分でやってみたのですが〜〜全く違う味(>_<)。書いていたら美味しい粕汁が食べたくなってきました。

2016/03/03(Thu) | 榮の間 | URL | Edit
 

No Title

すっごく美味しそうですねぇ…そう言えば、いつだったか首都圏から来られた友人と京都ブラブラしておりました時、湯葉とか汲み上げ湯葉とか、美味しいよね?って言ったらご存じなくて、その続きで伺ったら、粕汁もご存じなくて、そうかぁ湯葉も粕汁も京阪神の食物なんだ…ってビックリした事ありました。でも考えてみたら粕汁とか酒粕が出回ってるのは京都、伏見とか神戸、灘とか酒どころならではの特権で、酒どころじゃない町では、あまり知られない料理なんだったんだって、かなり後で気づいた事が有りました。真冬の寒い夜の粕汁、真夏のうだるような中でも喉をとおる汲み上げ湯葉。美味しいですよねぇ

2016/03/03(Thu) | black-jack | URL | Edit
 

Re: つねみんさん。

中心部(祇園や清水寺界隈)で、きものもどきを着ているのは、大概漢字、ハングルの皆さんで、着付けいる人も最近は同国語を喋れる人の場合があるみたいです。
しかし…。この季節に、一見浴衣もとい浴衣にしか見えない色柄のきものもどきを着た集団を嵐山でみた時の気持ちをお察し下さい。29日の月曜日のことですが。
久しぶりの嵐山、神社仏閣巡り日帰り弾丸京都、途中、脱力でした。

2016/03/02(Wed) | 榮の間 | URL | Edit
 

栄の間さま、こんばんは。
詳しく説明いただき、ありがとうございました。京都に生まれ、育ち、暮らしてても知らないところもいっぱいですし、どうしても同じところ、お気に入りのところに行ってしまいます。栄の間さまのブログで、知ることがたくさんあります。ありがとうございます。
最近の京都は、わけのわからない着物姿が多く、先日も短い着物にスニーカーの方を見かけました。私の着物の先生といつも嘆いてます。
最近嬉しかったことは、普段仕事で行けない25日の天神さん、たまたま休みだったので、ふらりとのぞき、帯締め3本ゲットしました。良いお買い物ができました。

2016/03/02(Wed) | つねみん | URL | Edit
 

Re: 歌子さん。

酢味噌あえ。私の地域では「ぬた」って言ってます。京都では、でっぽうあえ→てっぱいになったそうです。これも、諸説ありそうですが…。

嵐山は人出はそうでもなかったものの、聞こえてくるのは大陸系と半島系の言葉でした。浴衣みたいな着物を着た20代〜50代の大陸系の異様な着物だか浴衣だかわからない姿が目立ち、嵐電嵐山駅の中は買い食いするそれらのみなさんで溢れてました。団体さんが、歩道を占拠し、旗を先頭に何組も歩いてました。閑散期でコレなので花見、紅葉、春節のシーズンは(>_<)。

日本全国どこ行っても同じな気がします。

2016/03/02(Wed) | 榮の間 | URL | Edit
 

No Title

てっぱい、とは「酢味噌あえ」のような感じでしょうか?
汲み上げ湯葉も食べてみたい・・・

しかし、次に京都に行った時、どの位外国人観光客が増えているのか心配です。経済が潤うのは結構なことですが、街のあちこちに中国語や韓国語の立て札やが目につくのは京都の景色とはちょっと違うような。
自撮り棒を振りかざされるのも苦手です。

私が通い詰めたのは大学生の頃。もう15年前ですものね、ちょっとひと昔になってしまいましたが、あの頃のようにのんびりゆったり、はんなりとした京都の町を歩きたいです。

2016/03/02(Wed) | 歌子 | URL | Edit
 

Re: つねみんさん。

つねみんさん。店構えは普通ですが、丁寧に材料を扱われてる印象でした。お一人でやられているので、満席だと相当大変そうかも。ちなみに、寡黙なご主人で人によっては愛想が無い、という印象かもしれませんが、私たちは愛想がよすぎの店もあまり好きでは無いので、問題ナシでした。京都の方なら久保田豆腐店をご存知かもしれませんが、そこの息子さんと、他所で聞きかじりました。寡黙なご主人ですが、豆腐をかなりオススメされました。もうちょっと居れたら注文するつもりでしたが、予定より早くだんなさんが京都に着いたので、ちょっと残念でした。次回、宿泊できた時再挑戦します。湯葉系、美味しかったです。値段もリーズナブルで、とにかく、きらずが美味しかった〜。帰ってスグ、作りました。

2016/02/28(Sun) | 榮の間 | URL | Edit
 

素敵なお店ですね。
今まで知りませんでした。
メモメモです。
美味しそうな情報ありがとうございます。

2016/02/28(Sun) | つねみん | URL | Edit
 
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル