12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
2007/07/21

俵屋旅館 泉の間[2] アメニティ

Category : 俵屋旅館
室内ほぼすべてがmade by Tawaraya…

070714_tawa_ia7.jpg
●オリジナルデザイン・ブナ材のハンガー
ひとつひとつに小さな匂い袋が…


このところの改装で現代風と感じるのは、洗面スペースです...続きを読む前に≫人気blogランキング≫≫今までの俵屋旅館へ

本館の榮や富士、翠とはかなり異なり…。(そちらの方が“好き”という人も多いと思います。)

070714_tawa_ia1.jpg
●文箱の中には七夕の短冊替わりに梶の葉を模した和紙が

一歩室内に入ると、俵屋ワールドです。照明や、籐の座椅子、塵箱、ハンガー、畳の縁にいたるまでほぼすべてが俵屋のオリジナルデザイン…

どれも少しづつ少しづつ改良されて、今のカタチになっていますがそのどれもに完成というか、終わりは無いようです。

布団などは何度も改良されて、行く度少しづつ違う時もあったりしました…

070714_tawa_ia2.jpg
●広々とした洗面スペースには床暖房

洗面に置かれているものも、糸のよりや太さ、織にこだわったタオルから、サヴォン・ド・タワラヤと呼ばれる石鹸、土に埋めれば土に帰るブラシ、正方形のティッシュカバー、信三郎帆布のトレイとほぼすべてが俵屋デザインのオリジナル。

そうでないものを探す方が早いぐらい…

偉そうにいいながら昔は、結構無造作&無頓着でしたけど。

070714_tawa_ia3.jpg
●まだ新しい観のある浴室
かなり高い天井部には開放自在の天窓


で、洗面の後ろの浴室ですが、天井がかなり高く感じました。天窓のせいもあるのでしょうが和風リゾートな雰囲気です。

070714_tawa_ia4.jpg
●お約束のアメニティ

この信三郎帆布のトレイ、不思議な魔力があるらしく最初はそうでもないのですが、最後には買って帰ってしまう、、、不思議なトレイ。

ワタシを含め、一緒にいった友人すでに4名様お買い上げの品物…

070714_tawa_ia5.jpg
●そしてこの部屋の最大の? 特徴 化粧室!!

女子3名で、とても重宝したのがこの化粧室。一人は洗面、一人が化粧室…残った一人(ワタシ)は主室で座り込んで…

070714_tawa_ia6.jpg
●お昼寝セットはクローゼットの中

そうそう、もうひとつ。「香り」

室内のお香はもちろん、クローゼットの中、トイレの中、洗面…いたるところに可愛い形の匂い袋が置かれていたり、吊るされていたり…
「香り」という視点でみても楽しめます…1日一回♪≫人気blogランキング≫

------------------------------------
≫ JTB・俵屋旅館 詳細・空室状況確認へ
------------------------------------
↓↓↓俵屋旅館の詳細が写真で確認できます


070714_tawa_i10.jpg
●俵屋旅館
[The Tawaraya]

京都府京都市中京区麸屋町姉小路上ル
TEL075-211-5566
チェックイン15:00~
チェックアウト11:00まで

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

■児玉多香枝さん。

コメント、ありがとうございます。
泉、楽しみですね。
私は「榮に泊まりたい病」なのですが、日程が決まるころだともう、埋まっているんですよね…。部屋の都合で日程を決めないと、当分泊まれそうにありません。

2009/09/12(Sat) | 榮の間 | URL | Edit
 

私も今度の9月の連休に泉の間に泊ります★
前回は冨士の間だったので、どんなに違うのか楽しみです。

またブログ見にきますね。

2009/09/11(Fri) | 児玉多香枝 | URL | Edit
 

≫まみ~S さん、コメントありがとうございます

連泊とは…しかも
17・18・19日なんて最高な日程です。
台風一過で山鉾巡行もかなりの人出だったようで…

泉、今一番人気なのもよーくわかります。

霞は密かに人気のあるお部屋です。

ワタシの時も2階の孔雀の間の足音がかなり気になりました。もう、これは1階の宿命、しょうがないと諦めていますが

連泊すると、お料理も変わってそれも楽しみですよね。2泊目の霞のお料理がとても気になります♪

これからもどうぞよろしく。

2007/07/22(Sun) | 榮の間 | URL | Edit
 

泉の間いいですよね。

私も17日に泉に泊まらせていただきました。
俵屋さん最強は、榮と思っていましたが、泉にとりつかれちゃいました。妻と二人で入った途端「うわー、凄い」という言葉しかでませんでした。
なかなか、予約もとりにくいようで18・19日は霞におりました。
19日は鷹の間の外人がさんがうるさくて・・・
楽しみにブログを拝見させていただいております。
これからもがんばってください。

2007/07/22(Sun) | まみ~S | URL | Edit
 

≫kuro-san さん、こんにちわ…

ええ、是非行って下さい♪
デザインのシゴトをしている人だったら相当、楽しめると思います。

俵屋さんの中にはデザイン、色…そして職人の技が新旧ぎっちり詰まっています。

こんな家に住もうとしても一生どころか三代かかったってムリです…

それに、京都在住の方も宿泊されているようですよ?

別宅感覚なんですかね…

2007/07/22(Sun) | 榮の間 | URL | Edit
 

いいですねぇ

ほんとにいいですねぇ
京都にいるとまず泊まることがないって前にコメントしたことがありましたが・・・
がんばって働いて止まりにいこーっと
ほら、小説家が締め切り前にホテルに缶詰になる感じ^^です

2007/07/21(Sat) | kuro-san | URL | Edit
 
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル