12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
rakuten
プロフィール

榮の間

Author:榮の間
[京都eco贔屓] 週末勝負、時々京都。改めまして、2010年の誕生日を機に「京都贔屓。」に名称、変更。

google
月別アーカイブ
2007/09/04

2度目の唐長ワークショップ

Category : 唐長
「摺る」ことに、技がいる…
同じ板木でも摺りあがりが違うのです


070825_kara_w6.jpg
●こちらはK先生のお手本~

2度目のワークショップはベタ面が多い図柄を選んだため、彫るのはまあまあだったのですが、摺る方がもう、大変~ ≫前回までの唐長へ≫

初回は難易度★~★★の柄を選んでいたのだけれど
「2回目は好きな柄、彫りたい柄を選ぶ」という、暴挙に出た…

結果ワタシは大柄の「ぽんぽん菊」、友人は超細かい「蟹」

ワークショップ最初は先生による板木のチェック。
「難しい柄を選びましたねぇ。この柄はベタ面がムラになって大変ですよーー」

「…」 友人の蟹には「キレイに彫れましたねぇ」

070825_kara_w2.jpg
●見本を見ながら色の説明

今回はワタシたちを含め4人。愛媛と東京からの参加者がふたり。
東京からの人も2度目の参加。

まずは摺り色を決めます。今回から、「墨」が使えるようで、東京の人は
「前回は使えなかったので、少し墨を入れます」と即決。

ワタシは銀も金も入れない「日干し煉瓦色」

070825_kara_w3.jpg
●まず、摺り色を決めて

調合はイメージを伝えて先生にお任せ。ビミョーな分量は先生の匙加減
ひたすらズリズリ「ふのり」と摺り合わせ、完成。ふぅ。。。

070825_kara_w4.jpg
●次に、紙を選びます…

今回は白系統でまとめようと決めていたので、ラク。

070825_kara_w7.jpg
●試し摺り…

まずは板木をならし、ためし刷り~
先生の作業は、話ながらも流れるようにキレイな所作です…

070825_kara_w8.jpg
●見本の板木は彫方もキレイ

やり始めると、あ゛ーーー。ムラムラ…まだら…色がついていないーーー。

見かねた先生が、お手本。

「…キレイ」同じ板木を使っているのに仕上がりが全然違う…
これが、職人技というものですね。

070825_kara_w9.jpg
●で、こちらがワタシの板木と色…

友人の蟹はとっても、キレイな刷り上り…。

便箋やハガキを摺るのなら、小さい柄や細い線の方が絶対キレイに仕上がる。2度目の参加で確信しました。(ただし、板木を彫るのが大変です…)

070825_kara_w1.jpg
●こちらは友人の蟹模様

↓↓↓格闘の末の、完成品。所々色が乗っていなかったり、途切れていたりですがそれはそれで、景色ということで…

070825_kara_w10.jpg
●できあがりーーー

このところ、彫る楽しさにはまっていたのですが、難易度の高い板木を摺ってみて、「キレイに摺る」ことにも興味が出てきたみたいです… 


070825_kara_w11.jpg
●唐長 修学院工房
京都市左京区修学院水川原町36-9
TEL075-721-4422
10:30~18:00
日曜休
http://www.karacho.co.jp/

↓↓↓↓↓唐長 関連書籍↓↓↓↓↓












関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

≫kuro-sanさん、

えへへっ。すみません。

でもでも、ご無理はなさらないようお願いします。でも、楽しみにしていますねっ。

2007/09/07(Fri) | 榮の間 | URL | Edit
 

ご意見ありがとうございます。
ニーズがあるならお答えしていきます^^
なんか企画してみます。(できるかなぁ・・・笑)

2007/09/07(Fri) | kuro-san | URL | Edit
 

≫kuro-sanさん、おはようございます

kuro-sanも月イチとかででやってくれませんかーー?
コサージュや小物のワークショップ。
ブログ上でも、いいです。

2007/09/06(Thu) | 榮の間 | URL | Edit
 

いや~なんでもワークショップがあるもんですねぇ~
木版ってしばらくやってないですが、これはかわいいですねぇ~
つたのような柄はちょっとシビレました^^

2007/09/06(Thu) | kuro-san | URL | Edit
 

≫足袋子さん、おはようございます。

いやーー。つくづく素人は銀か金を混ぜたほうが、5割り増しキレイに見えるということが、よーーくわかりました。

写真でははっきりわかりませんが、すんごいムラ…これがキレイに刷れる先生はやっぱり職人~。

そうそう、今回のワークショップ、完全オリジナルの図柄を彫ってきていた人がいましたよ↓。

2007/09/05(Wed) | 榮の間 | URL | Edit
 

ふふふ。
ちゃんとキレイに彫れて、キレイに摺れているじゃないですか。
それに渋い素敵な色。

私は毎回銀か金を入れてるので、摺りのムラがちょっとごまかせてます。

ベタ面が多いとかカニさんのように文様が散りすぎているのも難しいってK先生はおっしゃてましたよ。
私の場合、文様がまんべんなくあるのも、あっちよければ、こっちはかすれるって感じになりそう。

2007/09/05(Wed) | 足袋子 | URL | Edit
 
 
  • « new
  • Home
  • old »
my favorite


  
DVD
ブログ内検索
グーグル